top of page

犬連れOKのLaughing dog's villaへようこそ

更新日:2023年12月26日


暖炉のあるリビング
ゲストベッドルーム前からリビングを見下ろす

Laughing dog's villaはびわ湖と箱館山近くにあります


Laughing dog's villaは1組限定の小さな宿です。琵琶湖の西北にある別荘地の中にありとても静かな緑に囲まれた場所にあります。

夫婦ですべてを運営していますので、できることは小さいことですが訪れていただいたゲストの皆様にのんびりとした非日常を味わっていただけるよう時間をかけて丁寧に準備をさせていただいております。





Laughing dog`s villaのテーマはイギリス料理と犬連れ


イギリス料理がテーマの理由


一番馴染みのある国:イギリス


10年以上の間外国の方のホストファミリーをしている中で、イギリス人の親しい友人ができその友人宅を訪れた際、築300年の屋根の傾いたアパートメントに驚いたのを今でも鮮明に覚えています。別の友人のロンドンにあるアパートもDIYで作った使い心地の良いキッチンやリビングの本棚、市街地にいたっては凸凹の趣のある石畳や古い建物が並ぶ商店街などから、この国は古い物を自分達の手で手入れをして大事にする文化が人々の生活の一部なんだと感じました。

同じ島国で気質的にも似ていると感じるイギリスにすっかり魅了され、またイギリスでいただいた料理の美味しさを伝えたいと思いLaughing dog's villaではイギリス料理をご提供しています。


サンデーローストのプレート
日曜、イギリスで伝統的に食べられるサンデーロースト


犬連れがテーマの理由


「犬と暮らせる宿」にしたかった


もともと夫婦とも犬好きですが家族になって18年間は犬を飼ったことはありませんでした。子育てがひと段落した時に迎え入れた「カイ(トイプードル)」が初めての犬でした。



夫婦で愛犬を抱っこしている様子
愛犬の「カイ」と「テラ」

犬と生活し始めるとだんだん犬の魅力に引き込まれ、なんとかこの子たちを喜ばせ幸せにしてやりたいと考えるようになり犬中心の生活になっていきました。


みなさんも同じですよね?


どこへいくにも一緒でしたが旅先の宿探しには苦労しました。犬連れで泊まれる宿自体が少ないことは言うまでもありませんが、あったとしても種々の制限があり自宅で過ごす時のように自由でリラックスした時間をもつことは難しいと感じていました。そんな中でびわ湖の近くで木の家を見つけ、誰もがゆったり自由にできる宿を始めようと思いたったのがきっかけでした。


夕日をバックにキラキラ光る犬
周辺の散歩の途中、夕日を浴びて光る犬たち

理想の追求は終わらない

暮らしながらいろいろなゲストと交流を重ねるうちに、やりたいことがどんどん生まれて来ます。あそこもこうしたい、こっちも直したいと日々湧き出るアイデアを形にするには、時間とそれなりの資金が必要なわけで、一足飛びには実現しようにありません。

ゲストの誰もが快適でゆっくりくつろげる空間と時間をご提供できるよう、これからも見直しや改善など終わりなき理想の追求が続くのだと思います。


だから、「あれ?ここ変わってる!」と年に何度かいらっしゃるゲストに驚かれるのは、私たちにとっては嬉しいことかな?



 

空室検索・予約はこちら

  ↓


最新記事

すべて表示
bottom of page