top of page

イギリスの紅茶_2024

新しいイギリスの紅茶との出会い「Farrer's」


今回の旅で、品薄になってきたイギリスの紅茶を仕入れてこようと思っていた。

イギリスイングランドの中部の町、WarwickのGolden monkey tea companyの紅茶は事前にオンラインで購入しロンドンの友達のところへ送付済み。

日本からオンラインで購入しているWhittardは直接ショップを訪れて直接紅茶を購入する予定。

あとは、何か新しいTea shopを見つけて新たな紅茶を置きたいと思っていた。


Lake district(ピーターラビットの故郷の湖水地方)を旅していた時にケンダルという町で偶然見つけた歴史のあるTea shop「Farrer's(ファーラーズ)」(写真)。

ファーラーズの前を通り掛かってこの店に魅せられました。

ファーラーズの店構え
ケンダルにある創業200年のファーラーズ

実はケンダルは何年か前にも訪れたことはあって、ケンダルのミントケーキは食べたことがあった。今回はケンダルを拠点にしたので、初めてゆっくりと町の中を散策したこともあって創業200年以上の歴史あるお店を発見できた。



創業当時から使っている紅茶を保管するTinが並んでいます
創業当時から使っている紅茶を保管するTin

建物は1644年に建てられ、イギリスの重要建造物にも指定されているとのこと。当時のマントルピースには「1644」と記されてるよとお店の方が説明してくれました。

店内の紅茶を保管するTinも当時のものとのこと。渋い〜〜〜



店内にあるファーラーズの紅茶
Farrer'sのKendal Mint cake tea

Farrer'sから何かスペシャルなものをと思い、ケンダルミントケーキフレーバーの紅茶を入れました!

ランチタイムやディナーの際にぜひファーラーズの紅茶もお楽しみください。



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page